北海電気工事株式会社

電力インフラ

電力インフラ 送電設備

工事種類 電力インフラ
竣工年 平成30年3月予定
施設用途 送電設備
地域 北海道石狩市・小樽市
石狩湾新港発電所は、火力発電所の経年化に対応するとともに燃料種の多様化・電源の分散化を図り、将来的な電力の安定供給を確実なものとするため、液化天然ガスを燃料とする主要電源として建設中です。
これに伴い、石狩湾新港で発電された電力を全道へ供給するため、道央圏の基幹系ループ系統と連携させるべく、鉄塔63基、亘長20.5kmの送電線の建設を平成30年3月の運開を目指し、当社の総力をあげ施工中です。

電力インフラ 送電設備

工事種類 電力インフラ
竣工年 平成30年9月予定
施設用途 送電設備
地域 北海道上磯郡木古内町
北海道・本州間連系設備増強工事で、既設北本連系停止時の安定供給の確保、北海道から本州への緊急送電増加・再生可能エネルギー拡大への可能性を目的とした全国的に注目度が高い直流の送電線(北海道側77kmの架空線、青函トンネル内24kmのケーブル、青森側21kmの架空線で全亘長122km)です。このうちの担当工区を当社の技術力を駆使し施工しました。

電力インフラ 発変電設備

工事種類 電力インフラ
竣工年 通年
施設用途 発変電設備
地域 北海道内全域 
お客さまが使用される電気は、各発電所(火力・水力・原子力など)から高い電圧で送られてきます。この電圧を変圧して、お客さまのもとへ電気を供給する施設が「変電所」といい、発変電グループではこの受変電設備などに関する仕事を担っています。
主な仕事として、「変圧器」「遮断器」「断路器」「配電盤」「調相設備」といった主要設備の据付および組立工事、その後の動作確認試験を行っています。

電力インフラ 送電設備

工事種類 電力インフラ
竣工年 平成27年3月
施設用途 送電設備
地域 北海道札幌市中央区
老朽化した変電所の移転に伴う、旧変電所と新変電所を結ぶ地下トンネル(洞道)の建設工事です。国内最大径3,000mm、延長約339mの推進工事を行い、地下ピット3基の建設を含めて完成に約20カ月を要しました。(施工:北海・東急共同企業体)

電力インフラ 送電設備

工事種類 電力インフラ
竣工年 平成25年3月
施設用途 送電設備
地域 北海道室蘭市・登別市
経年劣化した架空送電設備の地中化工事です。送電線路周辺の市街化や線路輻輳により設備保全が困難な場所では、地中送電線に変更する場合があります。工事規模は地中埋設管路約1.8km、マンホール7基、66kV地中送電ケーブル約1.8km×2回線となります。

電力インフラ 配電設備

工事種類 電力インフラ
竣工年 平成27年3月
施設用途 配電設備
地域 北海道札幌市
電力インフラの信頼度維持に伴う橋梁添架されている電力ケーブル(6.6kV)の張替工事を担当しました。

電力インフラ 配電設備

工事種類 電気設備
竣工年 通年
施設用途 配電設備
地域 北海道内全域
高圧配電線設備等に接近してクレーン作業や足場組立等の作業を行う際に、感電や漏電事故防止のための建築防護管取り付け施工を行っています。
ページの先頭に戻る