北海電気工事株式会社

電力インフラ

お客さまへの電気の安定供給のため電力インフラを支える

私たちの暮らしを豊かにしてきた電気を皆さまのご家庭に安全にお届けするため、架空・地中配電線や送電線・発変電設備の工事、維持管理、線路保全、用地管理に至るまで、高度で高品質な技術で電力の安定供給の一翼を担っています。

配電架空設備

市民生活や産業活動に不可欠な電気エネルギーをお届けする架空配電線設備(屋外に電線が架線されている配電線)構築・維持の他、配電線事故や自然災害時に設備の早期復旧を行うなど、電気の安定供給に欠かせない業務を担っています。
架空配電線工事では、施工技術の高度化に対応するため、絶縁棒(ホットスティック)を用いた間接活線工法やバイパスケーブルなどを用いた無停電工法(仮送電)を主流とし、高い技術力で安全性の向上や停電回避による施工を実現します。

高圧線2回線化工事

配電地中設備

配電設備工事には、架空配電線設備の他、地中に電線ケーブルが埋設されている地中配電設備もあります。近年、増加傾向にある電線地中化に向けて、高度な専門知識と技能を有する技術者をそろえ、埋設管路・ケーブルの敷設やマンホールの設置、地中配電機器設置等の施工をご提供します。

地中マンホール設置工事

送電・変電設備

経験豊富な資格取得者を多数そろえ、長年の変電所工事、送電線工事の経験や技術力を生かし、電力の安定供給に貢献しています。
とくに、北海道特有の豪雪や、雷、豪雨などの自然災害等によっておこる送変電設備の停電事故の際には、昼夜問わず北海道内全域を迅速にカバーし、いち早く災害復旧を行い、皆さまに電気を届けることができるよう努めています。
さらに、高度化する近年の技術環境のニーズにお応えすることができるよう、新たな技術開発に取り組み、技術の維持向上を行い、安全かつ効率的に工事を行っています。

送電工事

ライフラインを守っています

グループ本社から受託している「送変電設備の保守技術支援業務」については、老朽設備の診断や維持管理、経年機器のメンテナンス、設計・保守支援システム構築などを行っています。「既設送電線接近木の管理・伐採業務」および「送電線特定巡視業務」ならびに「送電線新設・増設に伴う用地測量・毎木調査・立木伐採業務」については、道内5箇所の電力保守センター(札幌・旭川・釧路・苫小牧・函館)において行っています。また、用地管理業務として電力流通設備および水力発電設備の土地管理および土地の有効活用(駐車場や家庭菜園・資材置き場)として、地域のお客さまとの賃貸などの業務実績があります。

GPSを使用した直営測量作業

ページの先頭に戻る