CSR・ESG

CSRの取り組み

CSR(企業の社会的責任:Corporate Social Responsibility)に関わる取り組みにあたっては、「ほくでんグループCSR行動憲章」を共有して、業務のあらゆる場面でCSRを意識した行動を実践していきます。
また、当社はCSR行動規範(行動指針、環境方針など)を実践していくとともに、実際の事業活動の中でCSRを展開していきます。

ESGの取り組み

CSR関連規範の実践と共に、低炭素・循環型社会の実現に向けて ESG(環境:Environment 社会:Social企業統治:Governance) の取り組みを展開し、SDGs の達成へ貢献していきます。

観点 主な取り組み 関連するSDGs

[Environment]

環境

再生可能エネルギー導入拡大
  • 再エネ設備の計画、設計、施工
  • 再エネ設備の点検及びメンテナンス
省エネルギーの推進
  • 省エネ、高効率設備(ZEB・EMS・VPP)などの提案営業
環境負荷低減
  • 「環境方針」の着実な実践
  • CO2削減に向けた取り組み(PHEV・EV採用、EV用充放電設備の設置)

[Social]

社会

地域信頼醸成
  • 公共施設、設備の照明灯具などの清掃活動
  • 道内外での重大自然災害への復旧支援活動
  • 本店社屋を災害時一時避難場所とする防災協定締結
  • 地域経済発展への協力
電力・通信インフラ構築
  • 電力・通信インフラ設備の計画、設計、施工
  • 電力・通信インフラ設備の点検及びメンテナンス
  • 新技術工法の展開、施工技術の改善
働きがいのある職場づくり
  • 働き方改革の推進
  • 人材育成への取り組み
  • 安全衛生教育の徹底と職場風土の改革

[Governance]

ガバナンス

  • 内部統制の着実な実践
  • コンプライアンスの推進
  • リスクマネジメントの継続的な実施
  • ZEB: (Net Zero Energy Building)先進的負荷抑制技術等で自然エネルギーを積極的に活用、高効率機器等により室内環境を維持し省エネ化を行い、再生エネ導入により年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した建築物。
  • EMS: エネルギー管理システム(Energy Management System)、電力使用量の可視化や節電の為の機器制御(電力消費側の制御)、発電機・蓄電池等の制御(電力生成側の制御)VPPリソースとしての機器制御を行う。
  • VPP: 仮想発電所(Virtual Power Plant)。地域内の発電・蓄電・需要をあたかも1つの発電所のようにとりまとめて集中コントロールする仕組み。

SDGsとは

2015年9月の国連サミットで150を超える加盟国首脳のもと、全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことです。

全ての国の社会課題を対象にした17のゴールと、その課題ごとに設定された達成基準である169のターゲットから構成され、このゴールとターゲットによって、包括的で持続可能な社会の構築を目指すものです。

貧困や環境問題などの広範囲な課題に対し、2030年までに達成することが目標とされています。

ESGの具体的な取り組み内容

再生エネルギー事業の工事施工

道内における数多くの物件計画、設計、施工を行っています。(太陽発電設備、大型風力電気設備、バイオマス発電設備工事など)

㈱旭ダンケ様 日高冨川太陽光発電所

電源開発㈱様 瀬棚臨海風力発電所

社会インフラ施工や補助事業への参画

  • 電力関連のインフラ設備整備工事の計画、設計、施工を行っています。
  • 有事対応電力システム(BCP・マイクログリッド等)補助事業に参画。

一条大橋 添架電力ケーブル張替工事

電気自動車によるBCP対応

災害復旧支援活動

  • 道内外での大規模自然災害による復旧支援活動を行っています。(東日本大震災復旧、房総半島台風被害復旧など)

平成23年 東日本大震災支援

平成30年 北海道胆振東部地震災害復旧

令和元年 房総半島台風被害復旧

社会貢献活動

  • 近隣地域の環境保全、清掃、地域貢献活動を積極的に実施しています。

白石区サイクリングロード 清掃活動

稚内港北防波堤 照明器具清掃活動

令和元年度北海道社会貢献賞(献血)受賞(北海道知事表彰)

北海道内7空港事業民営化への協力